スタッフメモ 2015年に「Pretty Jones」と「AMON KATONA」を発表して話題になった八王子出身のラッパーのRYKEYが、約1年のブランクを経て発表したアルバム。リリースは2018年だが、大半はブランクより前にレコーディングされてお蔵入りになりかけていた音源。その意味で本作は幻のサードアルバムともいえる。アルバム冒頭の"Hater"では田代まさしと、ウサギとカメをモチーフにシリアスなテーマを取り上げた"Turtle And Rabbit"では漢 a.k.a. GAMIと、アブストラクトな音響空間の中で言葉を紡ぐ"John Andersen"ではSALUと共演。また、Buda & Grandz、Clyde Stroke、Drum Gangといった海外のプロデューサーが制作に参加。荒削りな言葉で人間味あふれるブルージーな情感を描き出す、RYKEYならではのラップの魅力が詰まっている。

1
3:38
 
2
2:47
 
3
3:18
 
4
2:39
 
5
3:14
 
6
5:52
 
7
4:24
 
8
3:35
 
9
4:02
 
10
4:11
 
11
3:56
 
12
2:40
 
13
4:07
 
14
3:28
 
15
3:00
 
16
4:19
 

RYKEY その他の作品

おすすめコンテンツ