スタッフメモ スティーブン・スピルバーグ監督が、第二次大戦中のナチス・ドイツによるホロコーストにまつわる実話を描き、作品賞、監督賞を含むアカデミー賞7部門に輝いた名作のサウンドトラック。作曲/指揮は、盟友ジョン・ウィリアムズ。演奏はボストン交響楽団が担当し、ソリストとして、イスラエル出身でクラシック界を代表する名バイオリニスト、イツァーク・パールマンを迎えて録音された。名曲として多くの演奏家によって取り上げられている"Theme from Schindler's List"をはじめ、切ないストリングスの調べが胸を打つ"Remembrances"、リコーダーとクラシックギターの旋律が、歴史が生んだ悲劇を物語る"Stolen Memories"など、渾身(こんしん)のパフォーマンスによって作品全体を荘厳な雰囲気で包み込む。ウィリアムズは本作でアカデミー作曲賞を受賞し、キャリアに輝かしい1ページを追加した。

ソング