48曲、1時間43分

スタッフメモ

バッハの全48曲からなる「平均律クラヴィーア曲集 第1巻」をスタジオでレコーディングしてから1か月が過ぎた1987年の3月、キース・ジャレットはニューヨーク州の街トロイで行われたコンサートでこの作品を演奏した。この日のパフォーマンスは録音されていたのだが当時は発表されず、30年以上の時を経て、ECMレコード創立50周年を記念する作品としてついに陽の目を見ることとなった。バッハの作品はその高度な論理性ゆえにジャズミュージシャンとのつながりも多く見られるが、特にキース・ジャレットはバッハの偉大な作品に惹きつけられたジャズミュージシャンの中でも最も著名といえるだろう。ジャレットはこれらの前奏曲とフーガを大いなる敬意とあふれる愛情をもって奏でており、その演奏はまるで音楽家同士の世紀を超えた親しげな会話のようでもある。コンサートの会場だったトロイ貯蓄銀行音楽ホールの鮮やかな響きもこの貴重な音源の価値を高めている。

スタッフメモ

バッハの全48曲からなる「平均律クラヴィーア曲集 第1巻」をスタジオでレコーディングしてから1か月が過ぎた1987年の3月、キース・ジャレットはニューヨーク州の街トロイで行われたコンサートでこの作品を演奏した。この日のパフォーマンスは録音されていたのだが当時は発表されず、30年以上の時を経て、ECMレコード創立50周年を記念する作品としてついに陽の目を見ることとなった。バッハの作品はその高度な論理性ゆえにジャズミュージシャンとのつながりも多く見られるが、特にキース・ジャレットはバッハの偉大な作品に惹きつけられたジャズミュージシャンの中でも最も著名といえるだろう。ジャレットはこれらの前奏曲とフーガを大いなる敬意とあふれる愛情をもって奏でており、その演奏はまるで音楽家同士の世紀を超えた親しげな会話のようでもある。コンサートの会場だったトロイ貯蓄銀行音楽ホールの鮮やかな響きもこの貴重な音源の価値を高めている。

タイトル 時間

キース・ジャレット その他の作品