11曲、45分

スタッフメモ

若きチェロ奏者、横坂源がデビューアルバムに選んだのは、バッハが作曲したヴィオラ・ダ・ガンバの3つのソナタ。大作曲家の隠れた傑作にみずみずしい感性と豊かな歌心で向き合い、会心の作となった。卓越した技巧により味わい深さをも兼ね備えたチェロの響きが聴くものを魅了する。このソナタの鍵盤楽器の右手パートは、オブリガートの役割を持つのも特徴。本アルバムでは藤井一興のピアノとのアンサンブルで、チェンバロとは違った趣が味わえる。

スタッフメモ

若きチェロ奏者、横坂源がデビューアルバムに選んだのは、バッハが作曲したヴィオラ・ダ・ガンバの3つのソナタ。大作曲家の隠れた傑作にみずみずしい感性と豊かな歌心で向き合い、会心の作となった。卓越した技巧により味わい深さをも兼ね備えたチェロの響きが聴くものを魅了する。このソナタの鍵盤楽器の右手パートは、オブリガートの役割を持つのも特徴。本アルバムでは藤井一興のピアノとのアンサンブルで、チェンバロとは違った趣が味わえる。

タイトル 時間