13曲、35分

スタッフメモ

ノースカロライナ州シャーロット出身のMC、ダベイビーは"Walker Texas Ranger"のミュージックビデオの中で、着古したレザージャケットとカウボーイハットを身に着け、ピックアップトラックを運転し、崖から落下する。そして、"Suge"のビデオでは、郵便配達人の彼がボディービルダー風の偽物の筋肉をハイネックの下にまとってダンスをする姿がある。これを見た特定の年齢層のラップファンは、リュダクリスやバスタ・ライムスのような往年の快活なスーパースターの魅力を彼の中に見出したようだ。しかしダベイビー自身に言わせると、彼の生まれつきのこの奇抜さはタトゥーやジュエリーと同様に彼のパーソナリティーの一部だという。

「俺は自分自身に対して真剣過ぎないようにしてる」と彼はアルバム「KIRK」のリリースを前に、Apple MusicのEbroに語った。前出の"Walker Texas Ranger"や"Suge"も収録された、ブレイクのきっかけとなった「Baby on Baby」以来、7か月ぶりのアルバムとなる。「生真面過ぎる奴らが多いんだ。それはプライベートやカメラが回っていない状況に限らない。このような(エンターテインメントの)ビジネスじゃ、自分の時間が消費されればされるほど、ありのままの自分でいることこそが最もスマートなやり方なんだ」。

「KIRK」はこれまでで最高にダベイビーらしい作品かもしれない。"INTRO"では自身の家族の歴史を深掘りし、成功する過程の真っただ中に父親を亡くしたことを正直に語っている。そのテーマは"GOSPEL"でも再び触れている。"GOSPEL"では、チャンス・ザ・ラッパーやグッチ・メインの真っすぐなヴァースがフィーチャーされているほか、フロリダ出身のシンガーのYK Osirisの歌声を聴くことができる。過去のヒット曲が証明するように、ダベイビーは一人でも十分に楽曲を披露できるスキルの持ち主だが、"iPHONE"に参加したニッキー・ミナージュや(「ダベイビーとダ・バービーよ」と彼女はジョークを飛ばす)、"TOES"に参加したリル・ベイビーとMoneybagg Yo、"RAW S**T"に参加したミーゴスら、他のアーティストとの相性も抜群だ。特にダベイビーのラップには、これらのほとんどのアーティストを有名にした、面白くて辻褄の合わない表現が延々と続くスタイルがフィーチャーされている。すべてのヴァースが自己顕示のチャンスであり、線引きのできない自由に物語を紡ぐスタイルに根ざしている。

"VIBEZ"のコーラスは、人生のとある一日をまとめた旅にリスナーを誘う。「She wanna f**k with me but I don’t got the time/I just hopped off a private plane and went and hopped on 85/Go call my chauffeur, b**ch, ’cause I don’t like to drive/We in Suburbans back to back and we gon’ fill em up with vibes(彼女は俺とヤりたがっているが時間がない/今はプライベートジェットを降りて85に飛び乗ったところだ/ビッチ、俺は運転したくないから運転手に電話しろよ/サバーバン(シボレーのフルサイズSUV)に背中合わせに乗った俺たちは車内をヴァイブスでいっぱいにするんだ)」。ダベイビーはラッパーとしての成功を軽く考えているわけではないが、同時にそれは自身のもう一つの側面に過ぎないのだと断言する。音楽のおかげでここまで来れたが、とどのつまり、俺はアホなんかじゃないんだ」と彼はEbroに語る。「俺は例えば10年も学校に通った連中とよどみのない会話ができる。しかも俺のペースに相手を合わせることも、その逆もできる。それから、ストリートではどんな連中と話すこともできる。とにかく万能な人間なんだ。「俺には言葉を自在に操れる才能があるんだ」 。

スタッフメモ

ノースカロライナ州シャーロット出身のMC、ダベイビーは"Walker Texas Ranger"のミュージックビデオの中で、着古したレザージャケットとカウボーイハットを身に着け、ピックアップトラックを運転し、崖から落下する。そして、"Suge"のビデオでは、郵便配達人の彼がボディービルダー風の偽物の筋肉をハイネックの下にまとってダンスをする姿がある。これを見た特定の年齢層のラップファンは、リュダクリスやバスタ・ライムスのような往年の快活なスーパースターの魅力を彼の中に見出したようだ。しかしダベイビー自身に言わせると、彼の生まれつきのこの奇抜さはタトゥーやジュエリーと同様に彼のパーソナリティーの一部だという。

「俺は自分自身に対して真剣過ぎないようにしてる」と彼はアルバム「KIRK」のリリースを前に、Apple MusicのEbroに語った。前出の"Walker Texas Ranger"や"Suge"も収録された、ブレイクのきっかけとなった「Baby on Baby」以来、7か月ぶりのアルバムとなる。「生真面過ぎる奴らが多いんだ。それはプライベートやカメラが回っていない状況に限らない。このような(エンターテインメントの)ビジネスじゃ、自分の時間が消費されればされるほど、ありのままの自分でいることこそが最もスマートなやり方なんだ」。

「KIRK」はこれまでで最高にダベイビーらしい作品かもしれない。"INTRO"では自身の家族の歴史を深掘りし、成功する過程の真っただ中に父親を亡くしたことを正直に語っている。そのテーマは"GOSPEL"でも再び触れている。"GOSPEL"では、チャンス・ザ・ラッパーやグッチ・メインの真っすぐなヴァースがフィーチャーされているほか、フロリダ出身のシンガーのYK Osirisの歌声を聴くことができる。過去のヒット曲が証明するように、ダベイビーは一人でも十分に楽曲を披露できるスキルの持ち主だが、"iPHONE"に参加したニッキー・ミナージュや(「ダベイビーとダ・バービーよ」と彼女はジョークを飛ばす)、"TOES"に参加したリル・ベイビーとMoneybagg Yo、"RAW S**T"に参加したミーゴスら、他のアーティストとの相性も抜群だ。特にダベイビーのラップには、これらのほとんどのアーティストを有名にした、面白くて辻褄の合わない表現が延々と続くスタイルがフィーチャーされている。すべてのヴァースが自己顕示のチャンスであり、線引きのできない自由に物語を紡ぐスタイルに根ざしている。

"VIBEZ"のコーラスは、人生のとある一日をまとめた旅にリスナーを誘う。「She wanna f**k with me but I don’t got the time/I just hopped off a private plane and went and hopped on 85/Go call my chauffeur, b**ch, ’cause I don’t like to drive/We in Suburbans back to back and we gon’ fill em up with vibes(彼女は俺とヤりたがっているが時間がない/今はプライベートジェットを降りて85に飛び乗ったところだ/ビッチ、俺は運転したくないから運転手に電話しろよ/サバーバン(シボレーのフルサイズSUV)に背中合わせに乗った俺たちは車内をヴァイブスでいっぱいにするんだ)」。ダベイビーはラッパーとしての成功を軽く考えているわけではないが、同時にそれは自身のもう一つの側面に過ぎないのだと断言する。音楽のおかげでここまで来れたが、とどのつまり、俺はアホなんかじゃないんだ」と彼はEbroに語る。「俺は例えば10年も学校に通った連中とよどみのない会話ができる。しかも俺のペースに相手を合わせることも、その逆もできる。それから、ストリートではどんな連中と話すこともできる。とにかく万能な人間なんだ。「俺には言葉を自在に操れる才能があるんだ」 。

タイトル 時間

ダベイビー その他の作品