9曲、42分

スタッフメモ

この2作目が出た2007年頃の3人は、"サディスティカル轟音系ロックトリオ"の異名を得ていた。激しくも卓越した演奏はプログレッシブであると評され、ジャンル的にはポストハードコアやスクリーモからの影響も語られた。本作では、ドラムのピエール中野によるワイルドで性急な演奏をフィーチャーした"nakano kill you"、重厚さを増した音の中でTKと345のシャウトがこだまする"DISCO FLIGHT"がライブでもとりわけ鮮烈だった。その歌の根底にある悲痛な思いやヒステリックな狂気には、日本のシーンでいえばLUNA SEAやナンバーガールのシリアスさに通じるものが感じられる。これ以降の彼らの周辺には熱狂的な喧騒が沸き起こり、その渦は加速度的に大きくなっていった。

スタッフメモ

この2作目が出た2007年頃の3人は、"サディスティカル轟音系ロックトリオ"の異名を得ていた。激しくも卓越した演奏はプログレッシブであると評され、ジャンル的にはポストハードコアやスクリーモからの影響も語られた。本作では、ドラムのピエール中野によるワイルドで性急な演奏をフィーチャーした"nakano kill you"、重厚さを増した音の中でTKと345のシャウトがこだまする"DISCO FLIGHT"がライブでもとりわけ鮮烈だった。その歌の根底にある悲痛な思いやヒステリックな狂気には、日本のシーンでいえばLUNA SEAやナンバーガールのシリアスさに通じるものが感じられる。これ以降の彼らの周辺には熱狂的な喧騒が沸き起こり、その渦は加速度的に大きくなっていった。

タイトル 時間

凛として時雨 その他の作品