スタッフメモ 1991年の「Nevermind」の大ヒットにより、世界で最も注目されるバンドなったニルヴァーナ。急激な成功による心労、健康上、私生活上の問題などから、その後の活動が危ぶまれていた彼らが1993年にリリースしたサードアルバムにして最終作がこの「In Utero」だ。ポップな仕上がりで大ヒットした前作への反動から、バンドがプロデュースを依頼したのはアンダーグラウンド界のカリスマ、スティーヴ・アルビニ。激しいエネルギーと空虚感が同居したサウンドは、成功による虚無感に打ちひしがれていたというカート・コバーンそのものかもしれない。これはバンドの生前を克明に記録したドキュメンタリーであり、ポップミュージックの歴史に刻まれた傷跡だ。

1
3:37
 
2
3:48
 
3
4:41
 
4
2:50
 
5
4:10
 
6
2:31
 
7
1:55
 
8
3:54
 
9
3:38
 
10
4:51
 
11
1:35
 
12
3:56
 
13
7:34
 
14
2:34
 
15
3:33
 
16
3:26
 
17
2:59
 
18
3:35
 
19
4:41
 
20
3:52
 
1
3:38
 
2
3:49
 
3
4:38
 
4
2:49
 
5
4:11
 
6
2:32
 
7
1:57
 
8
3:56
 
9
3:32
 
10
4:52
 
11
1:36
 
12
3:56
 
13
3:52
 
14
4:32
 
15
2:38
 
16
2:20
 
17
3:31
 
18
2:39
 
19
2:14
 
20
3:25
 
21
4:24
 
22
2:04
 
23
5:34
 

その他のバージョン

ミュージックビデオ

ニルヴァーナ その他の作品

おすすめコンテンツ