15曲、50分

スタッフメモ

1982年の通算7作目。カントリーのカバー集だった前作「Almost Blue」とは対照的に、本作はエルヴィス・コステロのポップマイスター、メロディメーカーとしての才能が開花した作品といえる。プロデューサーにビートルズの「Revolver」のエンジニアとしても知られるGeoff Emerickを迎えたことからも、彼が本作においてスタジオワークやサウンドデザインに注力したことがうかがえる。そして、そのスタジオワークの結晶となったエモーショナルなバロック/オーケストラルポップ"Man Out of Time"や、逆にミニマムな音数で洗練を極めたジャジーなピアノバラッド"Almost Blue"など、上質な仕上げが光る珠玉のポップソングが並ぶ。1980年代のコステロの音楽的充実度を伝える名作。

スタッフメモ

1982年の通算7作目。カントリーのカバー集だった前作「Almost Blue」とは対照的に、本作はエルヴィス・コステロのポップマイスター、メロディメーカーとしての才能が開花した作品といえる。プロデューサーにビートルズの「Revolver」のエンジニアとしても知られるGeoff Emerickを迎えたことからも、彼が本作においてスタジオワークやサウンドデザインに注力したことがうかがえる。そして、そのスタジオワークの結晶となったエモーショナルなバロック/オーケストラルポップ"Man Out of Time"や、逆にミニマムな音数で洗練を極めたジャジーなピアノバラッド"Almost Blue"など、上質な仕上げが光る珠玉のポップソングが並ぶ。1980年代のコステロの音楽的充実度を伝える名作。

タイトル 時間

エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズ その他の作品