9曲、37分

スタッフメモ

バンドサウンドに回帰した、2013年発表の5作目のアルバム。前作からの約2年半の間に、TKのソロなど各々の活動を経た結果、ここでは3人で出せる音という可能性に立ち返ったらしく、そのせいか全体的にエモーショナルな感触が濃い。初のタイアップとなったテレビアニメ主題歌"abnormalize"は、スタッフ側から要請された"狂気と静寂の共存"のイメージで書かれたとのこと。展開が次々に変化する"Metamorphose"はバンドの真骨頂を見るかのようで、完成と未完成の両方のニュアンスを込めたアルバムタイトルとのつながりも感じられる。もはや貫禄さえ漂う音ではあるが、実際のところは、常に変わり、揺れ動く...そうした無常さ、ひいてははかなさこそが、彼らの表現の核に存在し続けているようだ。

スタッフメモ

バンドサウンドに回帰した、2013年発表の5作目のアルバム。前作からの約2年半の間に、TKのソロなど各々の活動を経た結果、ここでは3人で出せる音という可能性に立ち返ったらしく、そのせいか全体的にエモーショナルな感触が濃い。初のタイアップとなったテレビアニメ主題歌"abnormalize"は、スタッフ側から要請された"狂気と静寂の共存"のイメージで書かれたとのこと。展開が次々に変化する"Metamorphose"はバンドの真骨頂を見るかのようで、完成と未完成の両方のニュアンスを込めたアルバムタイトルとのつながりも感じられる。もはや貫禄さえ漂う音ではあるが、実際のところは、常に変わり、揺れ動く...そうした無常さ、ひいてははかなさこそが、彼らの表現の核に存在し続けているようだ。

タイトル 時間

凛として時雨 その他の作品

他のおすすめ