12曲、44分

スタッフメモ

「III」と書いて"イル"と読む、3作目となるフルアルバム。クリーンヴォーカルの小林亮輔の内面を表現することをテーマに、過去の自分に向き合い、苦しみや後悔といった心情をあらわにしたダークかつへヴィな聴き応えを持つ作品。謝罪の言葉がつづられるオープニング曲に続き、激しくうねる"Sign."は心の原風景をたたきつけるかのよう。小林と共にスクリーム担当の宮田大作がこの生々しい世界の在りようを叫びながら、より苛烈な演奏を轟かせている。"THE TESTAMENT"は混沌とした悲痛な感情がすべて昇華されるかのような、美しいラストナンバー。

スタッフメモ

「III」と書いて"イル"と読む、3作目となるフルアルバム。クリーンヴォーカルの小林亮輔の内面を表現することをテーマに、過去の自分に向き合い、苦しみや後悔といった心情をあらわにしたダークかつへヴィな聴き応えを持つ作品。謝罪の言葉がつづられるオープニング曲に続き、激しくうねる"Sign."は心の原風景をたたきつけるかのよう。小林と共にスクリーム担当の宮田大作がこの生々しい世界の在りようを叫びながら、より苛烈な演奏を轟かせている。"THE TESTAMENT"は混沌とした悲痛な感情がすべて昇華されるかのような、美しいラストナンバー。

タイトル 時間

a crowd of rebellion その他の作品