11曲、35分

スタッフメモ

20世紀を代表するギタリストであり、ライトハンド(タッピング)奏法を世に広めたエドワード・ヴァン・ヘイレン率いるヴァン・ヘイレンの1978年のデビュー作。アメリカでダイアモンドディスクを獲得し、デビュー半年で初来日公演を行うなど、ヘヴィメタル/ハードロックブームの後押しもあって新人離れした活躍を見せた。先行シングルとしてリリースされたザ・キンクスのカバー"You Really Got Me"をはじめ、重厚かつキャッチーさが光る"Runnin' with the Devil"、疾走感あふれる"Ain't Talkin' 'Bout Love"など、単にヘヴィにとどまらない音作りにメロディやハーモニーが魅力の一枚だ。そして何よりも、当時のアマチュアギタリストたちを虜にしたインスト曲"Eruption"が白眉。

スタッフメモ

20世紀を代表するギタリストであり、ライトハンド(タッピング)奏法を世に広めたエドワード・ヴァン・ヘイレン率いるヴァン・ヘイレンの1978年のデビュー作。アメリカでダイアモンドディスクを獲得し、デビュー半年で初来日公演を行うなど、ヘヴィメタル/ハードロックブームの後押しもあって新人離れした活躍を見せた。先行シングルとしてリリースされたザ・キンクスのカバー"You Really Got Me"をはじめ、重厚かつキャッチーさが光る"Runnin' with the Devil"、疾走感あふれる"Ain't Talkin' 'Bout Love"など、単にヘヴィにとどまらない音作りにメロディやハーモニーが魅力の一枚だ。そして何よりも、当時のアマチュアギタリストたちを虜にしたインスト曲"Eruption"が白眉。

タイトル 時間

ヴァン・ヘイレン その他の作品

他のおすすめ