11曲、32分

スタッフメモ

アレサ・フランクリンは1961年にColumbia Recordsからデビューするが、同社はポピュラーシンガーとして売り出すため、彼女の持ち前のゴスペルフィーリングを封印させてしまう。ジャズ/ポップのスタンダードを歌う若き彼女のみずみずしい魅力も(今となっては)捨てがたいが、試行錯誤の域を出ず、ディープな資質が生かされるのはやはりAtlantic Recordsに移籍してから。本作は文字通り彼女をソウルの女王へと押し上げた移籍第一弾アルバムであり、代表曲の"Respect"もここから生まれた。ブルージーな表題曲やバラードの"Baby, Baby, Baby"など、ソウルの魅力が凝縮されたナンバーが満載。熱くても決して泥臭くならないのが彼女ならではの身のこなしである。

スタッフメモ

アレサ・フランクリンは1961年にColumbia Recordsからデビューするが、同社はポピュラーシンガーとして売り出すため、彼女の持ち前のゴスペルフィーリングを封印させてしまう。ジャズ/ポップのスタンダードを歌う若き彼女のみずみずしい魅力も(今となっては)捨てがたいが、試行錯誤の域を出ず、ディープな資質が生かされるのはやはりAtlantic Recordsに移籍してから。本作は文字通り彼女をソウルの女王へと押し上げた移籍第一弾アルバムであり、代表曲の"Respect"もここから生まれた。ブルージーな表題曲やバラードの"Baby, Baby, Baby"など、ソウルの魅力が凝縮されたナンバーが満載。熱くても決して泥臭くならないのが彼女ならではの身のこなしである。

タイトル 時間

アレサ・フランクリン その他の作品

他のおすすめ