14曲、42分

スタッフメモ

ジャズやソウル・ミュージック、ディスコ、さらにはヒップホップからエレクトリック・ミュージックまで、時代を超えてさまざまな音楽を生み出してきたフィラデルフィアのシーンを1980年代の後半から支え続けてきたヒップホップ・バンド、the Roots が2010年にリリースした通算9枚目のオリジナル・フル・アルバム。政治的なメッセージ色の濃くシリアスな印象だった前作「Rising Down」と比べると、よりポジティブなメッセージが特徴で、これはブッシュ政権からオバマ政権への大きな “チェンジ” からメンバーが感じた安堵感や期待感が表れたものだという。ゲストには、Little Brother の Phonte や Blu & Exile の Blu、John Legend、the Roots 作品ではおなじみに同郷の朋友 Dice Law などといった実力派アーティストが集結し、さらにオルタナティブ・ロック / フォーク・シーンで人気のグループ、Monsters of Folk をフィーチャーしてフォーキーなサウンドを披露するなど聴きどころは満載。ヒップホップというアートフォームをバンド形態で成熟させ、ソウル・ミュージックとして昇華させるワン&オンリーのサウンドが堪能できる力作だ。

スタッフメモ

ジャズやソウル・ミュージック、ディスコ、さらにはヒップホップからエレクトリック・ミュージックまで、時代を超えてさまざまな音楽を生み出してきたフィラデルフィアのシーンを1980年代の後半から支え続けてきたヒップホップ・バンド、the Roots が2010年にリリースした通算9枚目のオリジナル・フル・アルバム。政治的なメッセージ色の濃くシリアスな印象だった前作「Rising Down」と比べると、よりポジティブなメッセージが特徴で、これはブッシュ政権からオバマ政権への大きな “チェンジ” からメンバーが感じた安堵感や期待感が表れたものだという。ゲストには、Little Brother の Phonte や Blu & Exile の Blu、John Legend、the Roots 作品ではおなじみに同郷の朋友 Dice Law などといった実力派アーティストが集結し、さらにオルタナティブ・ロック / フォーク・シーンで人気のグループ、Monsters of Folk をフィーチャーしてフォーキーなサウンドを披露するなど聴きどころは満載。ヒップホップというアートフォームをバンド形態で成熟させ、ソウル・ミュージックとして昇華させるワン&オンリーのサウンドが堪能できる力作だ。

タイトル 時間

ザ・ルーツ その他の作品