スタッフメモ 先鋭的なエレクトロニックミュージックとオーガニックなオーケストラを融合、彼女の祖国であるアイスランドの荒涼とした風景が想起されるような、壮大かつ美しいサウンドスケープを展開している。"Jóga"、"Bachelorette"といった楽曲はその象徴的なナンバー。プロデューサーのGUY SIGSWORTHを筆頭に、布陣はハウィーB、そしてLFOのMark Bellといった面々。モノクロームの静寂な世界観を紡ぎ出す、インダストリアルなテクノ/トリップホップとビョークの相性は抜群。変幻自在の、無類の表現力を持つ彼女のヴォーカルは、まるで暗雲から差す一条の光のような崇高さをともない、リスナーの琴線を震わせることだろう。

1
4:15
 
2
5:05
 
3
3:21
 
4
5:12
 
5
5:53
 
6
4:29
 
7
3:06
 
8
4:19
 
9
3:19
 
10
4:33
 

ビョーク その他の作品

おすすめコンテンツ