40曲、1時間48分

スタッフメモ

ビヨンセ・ジゼル・ノウルズ・カーターは、2018年4月14日に行われたコーチェラ・フェスティバルでの圧倒的なパフォーマンスでポップ・ミュージックの歴史にさらに深くその名前を刻み込んだ。 2018年のコーチェラ・フェスティバルでは2度のステージでヘッドライナーを務めた。その事は彼女がフェスティバル史上初の黒人女性のヘッドライナーであるという事実を強く印象付けるポイントとなった。 ビヨンセは個人的な内容についての曲"レモネード"のヒットと共に2017年のコーチェラ・フェスティバルでのヘッドライナーが予定されていたが、懐妊発表の後に医師の強い勧めもありその年のコーチェラ・フェスティバルへの出演はキャンセルされた。ビヨンセは双子のサーとルミを出産したおよそ10ヵ月後の2018年のフェスティバル、世界で最も大きな規模のステージの1つに立ち会場のオーディエンスに加え、世界中の何百万人というライブストリームを視聴しているオーディエンスに向け歴史的なパフォーマンスを繰り広げた。
デスティニーズ・チャイルド時代のナンバーを含む彼女のキャリア全体からのハイライトが披露されたライブセットが収録された 「ホームメイキング:THE LIVE ALBUM」は世代を代表するブラックミュージックのパフォーマーとして異なる世代や地域の黒人文化を統合し、賞賛するパフォーマンスを披露。(DrumLine Liveのメンバー、ここではBey女王の「The Bzzzz」として演奏したHBCUスタイルのマーチングバンド(アメリカの大学の伝統に伴い、彼女はマーチングバンドのパフォーマンスを「Homecoming」と呼び、40曲近くの曲にニューオーリンズのブラスバンドのセカンドラインサウンドを詰め込んだ)"Single Ladies [Put a Ring on It]"、レゲトン "Mi Gente" 、バウンスミュージック“Formation"、ワシントンDCのゴーゴー"Love On Top"、彼女の生まれ故郷のヒューストンの音楽"I Been On"、ダンスホールレゲエ"ベイビーボーイ"そして彼女が育ったDirty Southのヒップホップ"Crazy In Love"、"Diva"また、夫とのデュエット"Deja Vu"、Destiny's Childのリユニオン"Say My Name"、"Soldier"、アルバムの最後に追加されたFrankie Beverlyをフューチャーしたバーベキューパーティーの定番ソング"Before I Let Go”とキャメオの"Candy"も収録。

"Don't Hurt Yourself"ではMalcolm Xの声を聞くことができます。また、彼女のプロダクションバリューと熟練したミュージシャンシップを越えたところでアカペラバージョンで披露された「黒人の国歌」と呼ばれる"Lift Every Voice and Sing”では若い黒人女性アーティストとして活動を続ける彼女がこれまでにインスパイアされてきたブラックミュージックのアーティスト達に対するリスペクトと賞賛を表すものである。またそれは彼女のこれまでのアーティストとしてのキャリアへの感謝でもあり、今後の活動に対する決意表明でもある。そして、最初のCoachella公演の週のInstagramへの投稿で彼女の母親ティナ・ノウルズは、「今回のパフォーマンスは初めから計画されていたものであった」と述べている。また、彼女の娘であるビヨンセは彼女にに次のように述べていると書いている。「現時点での私の人生と私のキャリアにおいて、私は世界で最もポピュラーになることではなく、ベストを尽くすことが求められていて、そのことに対する責任がある。しかし、この2つの事は相反するものではありません」彼女のコーチェラ・フェスティバルでのパフォーマンスがその事を証明している。

スタッフメモ

ビヨンセ・ジゼル・ノウルズ・カーターは、2018年4月14日に行われたコーチェラ・フェスティバルでの圧倒的なパフォーマンスでポップ・ミュージックの歴史にさらに深くその名前を刻み込んだ。 2018年のコーチェラ・フェスティバルでは2度のステージでヘッドライナーを務めた。その事は彼女がフェスティバル史上初の黒人女性のヘッドライナーであるという事実を強く印象付けるポイントとなった。 ビヨンセは個人的な内容についての曲"レモネード"のヒットと共に2017年のコーチェラ・フェスティバルでのヘッドライナーが予定されていたが、懐妊発表の後に医師の強い勧めもありその年のコーチェラ・フェスティバルへの出演はキャンセルされた。ビヨンセは双子のサーとルミを出産したおよそ10ヵ月後の2018年のフェスティバル、世界で最も大きな規模のステージの1つに立ち会場のオーディエンスに加え、世界中の何百万人というライブストリームを視聴しているオーディエンスに向け歴史的なパフォーマンスを繰り広げた。
デスティニーズ・チャイルド時代のナンバーを含む彼女のキャリア全体からのハイライトが披露されたライブセットが収録された 「ホームメイキング:THE LIVE ALBUM」は世代を代表するブラックミュージックのパフォーマーとして異なる世代や地域の黒人文化を統合し、賞賛するパフォーマンスを披露。(DrumLine Liveのメンバー、ここではBey女王の「The Bzzzz」として演奏したHBCUスタイルのマーチングバンド(アメリカの大学の伝統に伴い、彼女はマーチングバンドのパフォーマンスを「Homecoming」と呼び、40曲近くの曲にニューオーリンズのブラスバンドのセカンドラインサウンドを詰め込んだ)"Single Ladies [Put a Ring on It]"、レゲトン "Mi Gente" 、バウンスミュージック“Formation"、ワシントンDCのゴーゴー"Love On Top"、彼女の生まれ故郷のヒューストンの音楽"I Been On"、ダンスホールレゲエ"ベイビーボーイ"そして彼女が育ったDirty Southのヒップホップ"Crazy In Love"、"Diva"また、夫とのデュエット"Deja Vu"、Destiny's Childのリユニオン"Say My Name"、"Soldier"、アルバムの最後に追加されたFrankie Beverlyをフューチャーしたバーベキューパーティーの定番ソング"Before I Let Go”とキャメオの"Candy"も収録。

"Don't Hurt Yourself"ではMalcolm Xの声を聞くことができます。また、彼女のプロダクションバリューと熟練したミュージシャンシップを越えたところでアカペラバージョンで披露された「黒人の国歌」と呼ばれる"Lift Every Voice and Sing”では若い黒人女性アーティストとして活動を続ける彼女がこれまでにインスパイアされてきたブラックミュージックのアーティスト達に対するリスペクトと賞賛を表すものである。またそれは彼女のこれまでのアーティストとしてのキャリアへの感謝でもあり、今後の活動に対する決意表明でもある。そして、最初のCoachella公演の週のInstagramへの投稿で彼女の母親ティナ・ノウルズは、「今回のパフォーマンスは初めから計画されていたものであった」と述べている。また、彼女の娘であるビヨンセは彼女にに次のように述べていると書いている。「現時点での私の人生と私のキャリアにおいて、私は世界で最もポピュラーになることではなく、ベストを尽くすことが求められていて、そのことに対する責任がある。しかし、この2つの事は相反するものではありません」彼女のコーチェラ・フェスティバルでのパフォーマンスがその事を証明している。

タイトル 時間

Beyoncé その他の作品