9曲、44分

スタッフメモ

オーストラリア発の新しいロックとしてこのアルバム「ハイ・ヴォルテージ(High Voltage)」がリリースされるまでに、アンガスとマルコムのヤング兄弟はさまざまな音楽的知識を吸収し、理解を深めていた。兄弟がともに経験した数々のライブ体験や、夢中になっていたチャック・ベリーや初期のハードロックからの影響を通じて新たに生み出されたオリジナル曲は、すでに完成されたものであったと言える。ボン・スコットをリードヴォーカルに迎え、1976年にアメリカでリリースされたこのアルバムは、オーストラリアですでにリリースされていた2枚のアルバムのコンピレーション・アルバムであるが、リズム、リフ、そして野性味あふれる作品になっている。”T.N.T.”、”ライブ・ワイヤー(Live Wire)”などの曲では、シンプルでありながら驚異的なギターリフ、シニカルな風刺や暗示を含めた歌詞など、後に AC/DC サウンドの核となる部分が確立されつつある一方、”ロックンロール・シンガー(Rock 'n' Roll Singer)”ではスコットのポジティブな奔放さが光る。

スタッフメモ

オーストラリア発の新しいロックとしてこのアルバム「ハイ・ヴォルテージ(High Voltage)」がリリースされるまでに、アンガスとマルコムのヤング兄弟はさまざまな音楽的知識を吸収し、理解を深めていた。兄弟がともに経験した数々のライブ体験や、夢中になっていたチャック・ベリーや初期のハードロックからの影響を通じて新たに生み出されたオリジナル曲は、すでに完成されたものであったと言える。ボン・スコットをリードヴォーカルに迎え、1976年にアメリカでリリースされたこのアルバムは、オーストラリアですでにリリースされていた2枚のアルバムのコンピレーション・アルバムであるが、リズム、リフ、そして野性味あふれる作品になっている。”T.N.T.”、”ライブ・ワイヤー(Live Wire)”などの曲では、シンプルでありながら驚異的なギターリフ、シニカルな風刺や暗示を含めた歌詞など、後に AC/DC サウンドの核となる部分が確立されつつある一方、”ロックンロール・シンガー(Rock 'n' Roll Singer)”ではスコットのポジティブな奔放さが光る。

タイトル 時間

AC/DC その他の作品

他のおすすめ