スタッフメモ 日本では"リヴァプールの残虐王"の異名で知られる、イギリスのエクストリームメタルバンド、Carcassが1993年に発表した4枚目のスタジオアルバム。重厚で破壊的なサウンドやグロテスクな歌詞を多用していた初期はデスメタル、グラインドコアといった枠で語られることが多かったが、本作からメロディアスなギターソロを導入するなどクラシックなヘヴィメタル回帰への片鱗を見せ、メロディックデスメタルバンドの先駆け的存在となった。その音楽スタイルで本国イギリスだけでなく日本でも商業的にも成功を収めた作品であることから、本作にてCarcassは一つの完成形を迎えた。

1
3:58
 
2
3:54
 
3
3:22
 
4
4:33
 
5
5:36
 
6
3:49
 
7
4:21
 
8
4:57
 
9
3:39
 
10
3:36
 

その他のバージョン

Carcass その他の作品

おすすめコンテンツ

他のおすすめアルバム