10曲、44分

タイトル 時間

評価とレビュー

5.0/5
2件の評価

2件の評価

たじーじ

ノスタルジーに溢れた名作

スピッツの草野政宗、或いはハナレグミのような清涼感の声を持ちつつ、時に小沢健二の様に危うい魔力をもったボーカルが歌う美しくも儚いメロディは古き良き90年代を思わせる。オケはそれこそクリエイションとか、チェリーレッドの頃のモノクロームセットや、ティーンネイジファンクラブ、パステルズのような脆くも厚みのある音像。リズム隊は外国人なのか?思うノリ。ノーザンソウル モータウン経由のベース ×リンゴスターといった感じ? とにかく、フェリシティはホームカミングスのような今の子にウケるライトなインディポップから、カズナヒロセウィズエコーの様な我々おじさん世代にグッとくる真のネオアコミュージックまで、はばひろーくカバーしているなぁと関心。アートワークも含めこれは本当にいいアルバムだなと思いました。