スタッフメモ ヒップホップの既存概念にとらわれない独特なライムとフローと言い回しだけではなく、等身大でエモーショナルでありつつも彼の規格外な視点がうかがえるリリックにより、ジャンルの垣根を越えた魅力を放ってきた SALU。初めて自身でトータルプロデュースを手掛けた3枚目では、中島美嘉や Salyu といったゲストヴォーカルの客演から、tofubeats や水曜日のカンパネラの Kenmochi Hidefumi といったサウンドプロデューサーの参加からうかがえるように、さらに果敢にあらゆるサウンドに挑戦している。とはいえ、 地元愛を綴った “AFURI” で最後を締め括っているのが示すように、 そのルーツは決して失われていない。まさに SALU の真骨頂が提示された1枚。

1
4:11
 
2
3:38
 
3
3:31
 
4
3:28
 
5
3:35
 
6
4:16
 
7
4:09
 
8
1:52
 
9
5:12
 
10
3:56
 
11
3:38
 
12
3:02
 

SALU その他の作品

おすすめコンテンツ

他のおすすめ