13曲、53分

スタッフメモ

2017年に20周年を迎えたSkoop On Somebody。その節目となった前作から1年9か月ぶりのリリースとなる、さまざまな愛の形が13篇の楽曲で表現されたアルバム。彼らの深い音楽愛が感じられるミッドテンポのバラード"evergreen"から、トロピカルハウスの現代的なグルーヴをアダルトなマナーで敷いた"masquerade"まで、そのサウンドにはブラックミュージックの多面性が凝縮されている。ラテン的なアレンジが哀愁感を引き立たせる"ラビリンス"、そして残り香のように歌声が浮遊するビターでスウィートな"After Note"など、成熟したアーティストの説得力を宿した歌詞世界と洗練されたサウンドアレンジが相互に補完しあい、濃密で親密なムードを生み出している。

スタッフメモ

2017年に20周年を迎えたSkoop On Somebody。その節目となった前作から1年9か月ぶりのリリースとなる、さまざまな愛の形が13篇の楽曲で表現されたアルバム。彼らの深い音楽愛が感じられるミッドテンポのバラード"evergreen"から、トロピカルハウスの現代的なグルーヴをアダルトなマナーで敷いた"masquerade"まで、そのサウンドにはブラックミュージックの多面性が凝縮されている。ラテン的なアレンジが哀愁感を引き立たせる"ラビリンス"、そして残り香のように歌声が浮遊するビターでスウィートな"After Note"など、成熟したアーティストの説得力を宿した歌詞世界と洗練されたサウンドアレンジが相互に補完しあい、濃密で親密なムードを生み出している。

タイトル 時間

Skoop On Somebody その他の作品