17曲、1時間15分

スタッフメモ

2人の偉大なアメリカの作曲家による、必携のコレクション。レナード・バーンスタインとジョージ・ガーシュウィンは共に巧みな演出家で、ジャンルの異なる音楽に柔軟であり、しかも素晴らしいパフォーマーであるなどと共通点も多い。(1950年代から1960年代にかけてバーンスタインは、アメリカ音楽の先駆者であったガーシュウィンの作品を多く取り上げることで名を広めた)。ガーシュウィンの最も有名な交響曲“ラプソディー・イン・ブルー(Rhapsody in Blue)” は、バーンスタインのピアノで親しみやすい柔軟性を帯び、“パリのアメリカ人(An American in Paris)” は、彼の指揮によりほぼ理想的な作品へと昇華。バーンスタイン自身の作品『ウエストサイド物語(West Side Story)』は情熱に満ち、同じく『波止場(On The Waterfront)』では、あふれる怒りを力強く表現。2人を聴き比べてみるもの一興だ。

スタッフメモ

2人の偉大なアメリカの作曲家による、必携のコレクション。レナード・バーンスタインとジョージ・ガーシュウィンは共に巧みな演出家で、ジャンルの異なる音楽に柔軟であり、しかも素晴らしいパフォーマーであるなどと共通点も多い。(1950年代から1960年代にかけてバーンスタインは、アメリカ音楽の先駆者であったガーシュウィンの作品を多く取り上げることで名を広めた)。ガーシュウィンの最も有名な交響曲“ラプソディー・イン・ブルー(Rhapsody in Blue)” は、バーンスタインのピアノで親しみやすい柔軟性を帯び、“パリのアメリカ人(An American in Paris)” は、彼の指揮によりほぼ理想的な作品へと昇華。バーンスタイン自身の作品『ウエストサイド物語(West Side Story)』は情熱に満ち、同じく『波止場(On The Waterfront)』では、あふれる怒りを力強く表現。2人を聴き比べてみるもの一興だ。

タイトル 時間

レナード・バーンスタイン その他の作品

他のおすすめ