8曲、35分

スタッフメモ

コムアイを中心とした音楽ユニット、水曜日のカンパネラの8曲入りEP。そぎ落とされたサウンドとやわらかな歌の響きが神話のような世界観を映し出している。雅楽的なサウンドを用いた"かぐや姫"、古典籍の名のリズミカルな響きをリリックに落とし込んだ"南方熊楠"、ジャズのフィーリングを持ったドラムが新鮮な"メロス"や、映画『猫は抱くもの』劇中歌「キイロのうた」など、水曜日のカンパネラの新たな側面を覗くことのできる作品となっている。

スタッフメモ

コムアイを中心とした音楽ユニット、水曜日のカンパネラの8曲入りEP。そぎ落とされたサウンドとやわらかな歌の響きが神話のような世界観を映し出している。雅楽的なサウンドを用いた"かぐや姫"、古典籍の名のリズミカルな響きをリリックに落とし込んだ"南方熊楠"、ジャズのフィーリングを持ったドラムが新鮮な"メロス"や、映画『猫は抱くもの』劇中歌「キイロのうた」など、水曜日のカンパネラの新たな側面を覗くことのできる作品となっている。

タイトル 時間

評価とレビュー

3.2/5
52件の評価

52件の評価

黒斑

元に戻って

メジャー前は好きだったのに、だんだん分からなくなってきた…。桃太郎やラーの頃が良かったな。奇抜さ狙うあまり、口ずさみたくなるような音楽ではなくなってきた。あと、エロスはいらない。

さらば〜!

いっき

良い曲無しでした。

aaddggjata

ん?

なにこれ

水曜日のカンパネラ その他の作品