12曲、48分

スタッフメモ

2013年にEP「僕がCDを出したら」とアルバム「DOPPEL」で鮮烈な全国デビューを果たした KANA-BOON による、2015年のセカンドアルバム。それまでの機動性の高いバンドアンサンブルとキャッチーなソングライティングを踏襲しつつ、この時期のシングル曲である "結晶星" や "生きてゆく"、"シルエット" などでは、流れる時間の中で切り取られた青春のひとコマや記憶の中の情景を、鮮やかなサウンドスケープで描き出している。特別な湿度を感じさせる情緒的な "スコールスコール" や "スノーグローブ" が胸に染み入る一方で、"タイムアウト" に "クラクション" といった熱い焦燥感に駆られる楽曲も収められた、バンド表現の加速度的な進化を伝えるアルバム。

スタッフメモ

2013年にEP「僕がCDを出したら」とアルバム「DOPPEL」で鮮烈な全国デビューを果たした KANA-BOON による、2015年のセカンドアルバム。それまでの機動性の高いバンドアンサンブルとキャッチーなソングライティングを踏襲しつつ、この時期のシングル曲である "結晶星" や "生きてゆく"、"シルエット" などでは、流れる時間の中で切り取られた青春のひとコマや記憶の中の情景を、鮮やかなサウンドスケープで描き出している。特別な湿度を感じさせる情緒的な "スコールスコール" や "スノーグローブ" が胸に染み入る一方で、"タイムアウト" に "クラクション" といった熱い焦燥感に駆られる楽曲も収められた、バンド表現の加速度的な進化を伝えるアルバム。

タイトル 時間

KANA-BOON その他の作品

他のおすすめ