スタッフメモ 聴き手の心に寄り添う歌を目指したという、優しさと希望が込められた5作目のアルバム。本作の背景には2020年初頭に世界中を覆ったコロナ禍があり、ボーカルの松本大は、ネットやSNS上で孤独や閉塞感を吐露する人々の言葉を目にしたことで、他者の心の支えになるような音楽作りを決意したという。収録した楽曲には柔らかく繊細なメロディが編まれ、日常をつづった歌詞が大半を占めることになった。「チョコレート」では別れの危機に襲われるカップルが描かれ、「いつものこと」はまるで松本の日記のような歌だ。そして「ホワイトライクミー」と「Fragile」のラスト2曲では、生きる意味という普遍的なテーマが浮かび上がる。今の時代に対するバンドの思いが深く刻まれた一作。

1
4:41
 
2
4:17
 
3
4:50
 
4
4:07
 
5
5:36
 
6
3:12
 
7
4:54
 
8
4:01
 
9
4:21
 
10
4:29
 

LAMP IN TERREN その他の作品

おすすめコンテンツ