9曲、37分

タイトル 時間

評価とレビュー

4.0/5
108件の評価

108件の評価

yuma29

音楽としては完成度が高いアルバム

今風の音で、箱栄えするアルバムですね。
中田氏のやりたい事が詰まってて、聴いてるこちら側も楽しくなります。
前回のレビューにも書いた気がしますが、他のアーティストの音と似てるとか
比較することは、そのこと自体がナンセンスだと思います。
氏が今一番グルーヴを感じるのがこの音で、それを具現化したら
結果的にこうなりました、というだけの話。むしろあえてその部分を
フィーチャーしてる感もあるので個人的には面白いです。

まあ確かに、capsuleで出す必要はなかったアルバムかもしれません。
個人名義で出せばこんなに毎回反感買わないと思うんですけどね。
それでもなおcapsule名義で出すということは、それほどまでに中田氏がcapsuleを
愛してるってことなんじゃないかなあと思ってみたり。

ジャンル的には仕方のないことですが、
既にヴォーカルは曲の1エッセンスにすぎない領域に達してるので、
こしこさんの声が生きてない!と感じる方も出てくるのは当然といえば当然なのかな?
ガッツリ歌モノを期待してる人にはオススメできないかも・・・。
実際のところ前回・前々回のアルバムからその傾向は見られたので、
今回それが顕著に現れただけだと思いますが。

ということでcapsuleとしては★4つ。
音だけ見れば十分★5つなんですけどね。

エリーゼ

いいんじゃない

こしこの声が完全に楽器化してる。本来どんな歌声だったか忘れた。
前作よりスローテンポでかつ聞き飽きない感じ。
良いと思うよ。心地よいし。
でもこれはcapsuleではなく中田ヤスタカ名義で出せば良かったと思うから☆4つ。

Antist

これがcapsule

個人的には3、4、6、9が好きです。

こしじまファンにはツラい展開かもしれません。
ただ、歌詞カードをつけない所など、
以前から歌を重視しないスタンスだったので正常進化かも。

Liar Gameのときよりエレクトロニックがなじんできましたね。
また、今までの曲でいえば「グライダー」的な
少しゆるく、影のある感じの曲が多くなっていると思います。

「Sugarless Girl」的な曲しかなかったら飽きてくるので、
今回の少し懐かしさを意識した、それでいて新しいサウンドは好印象です。
4のようにまったく新しいカッコよさも出てきましたし。
まだまだ中田サウンドの進化は止まらない!

CAPSULE その他の作品

他のおすすめ