スタッフメモ 1988年の前作「It Takes a Nation of Millions to Hold Us Back」でシーン全体に大きな衝撃を与えたPUBLIC ENEMYが1990年にリリースしたサードアルバム。前作の成功で、アフリカ系アメリカ人コミュニティのスポークスマン的なアクティビストとしても認識されるようになったリーダー、チャックDのラディカルで扇動的なラップと、緻密なサンプリングを駆使してBomb Squadが作り出す暴力的なサウンドがますますスケールアップしている。スパイク・リー監督の1989年の映画『ドゥ・ザ・ライト・シング」で印象的に使用された「Fight the Power」をはじめとして、救急医療における人種差別を問題視した「911 Is a Joke」、アイス・キューブとビッグ・ダディ・ケインとともに映画産業に蔓延(はびこ)る歪んだ人種観に鋭く切り込んだ「Burn Hollywood Burn」など、彼らならではの過激でリアルなメッセージが濃密に詰め込まれた本作は全米10位に輝き、前作が決してフロックではなかったことを証明した。

このアルバムはApple Digital Masterに対応しています。アーティストやレコーディングエンジニアの思いを忠実に再現した、臨場感あふれる繊細なサウンドをお楽しみください。

1
1:44
 
2
5:07
 
3
3:17
 
4
1:37
 
5
5:25
 
6
0:44
 
7
3:52
 
8
3:17
 
9
2:47
 
10
3:48
 
11
3:49
 
12
3:45
 
13
5:43
 
14
2:46
 
15
1:35
 
16
2:31
 
17
3:45
 
18
2:07
 
19
0:48
 
20
4:42
 

その他のバージョン

PUBLIC ENEMY その他の作品

おすすめコンテンツ