11曲、47分

スタッフメモ

音楽的広がりと創造性が頂点に達した通算3作目。名門ハワード大学でクラシックを学んだダニー・ハサウェイの資質が遺憾無く発揮された冒頭のインストと、それに続く "Someday We’ll All Be Free" の流れの美しさ。ポジティブなメッセージとドリーミーなサウンドの素晴らしさに思わず鳥肌が立つ。定評あるカバーでは J.R. Bailey の "Love, Love, Love" が白眉。マービン・ゲイ的なアレンジで、スイートな雰囲気とメロウなグルーヴ感が実に心地良い。また、ダニーがプロデュースしたコールド・ブラッドの軽快なジャズファンクナンバーを、涼しげなエレピでラテンファンクにアレンジした "Valdez In the Country" など、豊かな音楽性に魅了される。

スタッフメモ

音楽的広がりと創造性が頂点に達した通算3作目。名門ハワード大学でクラシックを学んだダニー・ハサウェイの資質が遺憾無く発揮された冒頭のインストと、それに続く "Someday We’ll All Be Free" の流れの美しさ。ポジティブなメッセージとドリーミーなサウンドの素晴らしさに思わず鳥肌が立つ。定評あるカバーでは J.R. Bailey の "Love, Love, Love" が白眉。マービン・ゲイ的なアレンジで、スイートな雰囲気とメロウなグルーヴ感が実に心地良い。また、ダニーがプロデュースしたコールド・ブラッドの軽快なジャズファンクナンバーを、涼しげなエレピでラテンファンクにアレンジした "Valdez In the Country" など、豊かな音楽性に魅了される。

タイトル 時間

ダニー・ハサウェイ その他の作品

他のおすすめ