スタッフメモ 1999年にリリースされたBlink-182のサードアルバムは、彼らの代表作。卓越したテクニックの持ち主であるドラマーのトラヴィス・バーカーが加入し、さらにSUM 41、アルカライン・トリオ、Green Dayなどを手掛けたJerry Finnをプロデューサーとして起用。パワーアップした演奏力と的確なサウンドプロダクションを得て、彼らのセンスは一気に花開き、ポップパンクの決定盤というべき傑作が誕生した。ユーモアあふれる演出のミュージックビデオも話題となり、"What's My Age Again?"や"All the Small Things"といったキャッチーなシングルが次々にヒット。今作は本国アメリカだけで450万枚を超えるセールスを記録した、爆発的ヒットアルバム。

1
2:23
 
2
2:23
 
3
3:13
 
4
2:59
 
5
2:28
 
6
2:45
 
7
4:09
 
8
2:47
 
9
2:18
 
10
3:23
 
11
2:50
 
12
3:38
 

ミュージックビデオ

blink-182 その他の作品

おすすめコンテンツ