10曲、40分

スタッフメモ

日本のジャジーヒップホップをけん引してきたプロデューサー、Kenichiro Nishihara。ファーストアルバム「Humming Jazz」から10周年という大きな節目を飾る6作目のアルバムは、自身で録音、ミックスを手掛け、ユッカ・エスコラやJABBERLOOPのDAISUKE、在日ファンクの仰木亮彦らの生演奏をふんだんにフィーチャーした内容。研ぎ澄まされたピアノの旋律とヒップホップを土台としたビートのアンサンブルを軸に、Michael Kanekoが甘美な歌声を寄せる"Walk Out"や、MADE IN HEPBURNが日本語詞を歌う"Touched"をはじめ、SIRUP、Marter、Sam Ock、Tamala、Pismo、サブスタンシャルといった国内外のシンガーやラッパーをゲストに迎え、音楽性の深化を推し進めている。

スタッフメモ

日本のジャジーヒップホップをけん引してきたプロデューサー、Kenichiro Nishihara。ファーストアルバム「Humming Jazz」から10周年という大きな節目を飾る6作目のアルバムは、自身で録音、ミックスを手掛け、ユッカ・エスコラやJABBERLOOPのDAISUKE、在日ファンクの仰木亮彦らの生演奏をふんだんにフィーチャーした内容。研ぎ澄まされたピアノの旋律とヒップホップを土台としたビートのアンサンブルを軸に、Michael Kanekoが甘美な歌声を寄せる"Walk Out"や、MADE IN HEPBURNが日本語詞を歌う"Touched"をはじめ、SIRUP、Marter、Sam Ock、Tamala、Pismo、サブスタンシャルといった国内外のシンガーやラッパーをゲストに迎え、音楽性の深化を推し進めている。

タイトル 時間

Kenichiro Nishihara その他の作品