8曲、44分

スタッフメモ

Stephen Mallinder、Richard H. Kirk、Chris Watson の3人によって1974年にイギリスのシェフィールドで結成された Cabaret Voltaire。1970年代後期から Rough Trade レーベルを拠点にインダストリアルなポストパンク・サウンドを奏でてきた。本作は1980年代前半にシングルとしてリリースされた曲を集めたコンピレーション・アルバム。彼らの音は現代テクノのルーツの1つとされており、特にこの年代のサウンドは注目度が高い。土着的なマシン・ビート、スウィープするシンセ、そこにアフタービートのギターが乗るトラック “Sluggin Fer Jesus (Part One)”、ボイスとノイズで構成された “Sluggin Fer Jesus (Part Two)”、後のインテリジェント・テクノにも影響を与えたであろう “Gut Level”、エモーショナルなアンビエント・トラック “Invocation” などを収録。ポストパンクの流れがテクノへとつながっていく様子を体現するような楽曲にはリスペクトを捧げずにはいられない。

スタッフメモ

Stephen Mallinder、Richard H. Kirk、Chris Watson の3人によって1974年にイギリスのシェフィールドで結成された Cabaret Voltaire。1970年代後期から Rough Trade レーベルを拠点にインダストリアルなポストパンク・サウンドを奏でてきた。本作は1980年代前半にシングルとしてリリースされた曲を集めたコンピレーション・アルバム。彼らの音は現代テクノのルーツの1つとされており、特にこの年代のサウンドは注目度が高い。土着的なマシン・ビート、スウィープするシンセ、そこにアフタービートのギターが乗るトラック “Sluggin Fer Jesus (Part One)”、ボイスとノイズで構成された “Sluggin Fer Jesus (Part Two)”、後のインテリジェント・テクノにも影響を与えたであろう “Gut Level”、エモーショナルなアンビエント・トラック “Invocation” などを収録。ポストパンクの流れがテクノへとつながっていく様子を体現するような楽曲にはリスペクトを捧げずにはいられない。

タイトル 時間

キャバレー・ヴォルテール その他の作品

他のおすすめ