10曲、48分

スタッフメモ

後にKing Of Diggin'を主宰してラッパー/プロデューサー/DJとしてシーンに大きな影響を及ぼすことになるMuro。片や1980年代末に刃頭とのユニットのBeatkicksとしてシーンに登場し、変幻自在のライムとフロウを駆使して日本語でのラップ表現の大きな可能性をシーンに見せつけたラッパーのTwigy。日本のヒップホップシーンの黎明期から活躍してきた2人のアーティストがガッチリとタッグを組んだ MICROPHONE PAGERが1995年にリリースしたファーストアルバム。"病む街"や"七転八倒(Feat. Rino  & Gama From Lamp Eye)"、"東京地下道"、"Rapperz are Danger"、"Don't Turn Off Your Light"などで聴くことができるシンプルでドープなトラックとスキルあふれる2人のMCによるリアルでタイトなラップのコンビネーションは、まさに東京アンダーグラウンドヒップホップサウンドと呼ぶにふさわしく、それまでに数多くのアーティストが試行錯誤しながら模索してきた"日本語でラップをする"という命題への一つの答えを強烈なインパクトと共に示した金字塔だ。

スタッフメモ

後にKing Of Diggin'を主宰してラッパー/プロデューサー/DJとしてシーンに大きな影響を及ぼすことになるMuro。片や1980年代末に刃頭とのユニットのBeatkicksとしてシーンに登場し、変幻自在のライムとフロウを駆使して日本語でのラップ表現の大きな可能性をシーンに見せつけたラッパーのTwigy。日本のヒップホップシーンの黎明期から活躍してきた2人のアーティストがガッチリとタッグを組んだ MICROPHONE PAGERが1995年にリリースしたファーストアルバム。"病む街"や"七転八倒(Feat. Rino  & Gama From Lamp Eye)"、"東京地下道"、"Rapperz are Danger"、"Don't Turn Off Your Light"などで聴くことができるシンプルでドープなトラックとスキルあふれる2人のMCによるリアルでタイトなラップのコンビネーションは、まさに東京アンダーグラウンドヒップホップサウンドと呼ぶにふさわしく、それまでに数多くのアーティストが試行錯誤しながら模索してきた"日本語でラップをする"という命題への一つの答えを強烈なインパクトと共に示した金字塔だ。

タイトル 時間

MICROPHONE PAGER その他の作品

他のおすすめ