16曲、1時間2分

スタッフメモ

カナダ人バイオリニスト、アンジェル・デュボーは弦楽アンサンブル、ラ・ピエタを率いて、「Portrait」と題した一連のアルバムをリリースしてきた。古楽を得意とする彼女たちだが、このシリーズではペルト、グラス、エイナウディといった現代作曲家たちの作品を取り上げている。これらのアルバムに共通するのは、静けさと安らぎ。そして、本作で奏でられるのは、ポストクラシカルの先駆者、マックス・リヒターの楽曲。時にスリリングな電子音を交えながらも、アルバム全体に広がるのは弦を中心にした平穏な音世界。くつろぎのひとときに。

スタッフメモ

カナダ人バイオリニスト、アンジェル・デュボーは弦楽アンサンブル、ラ・ピエタを率いて、「Portrait」と題した一連のアルバムをリリースしてきた。古楽を得意とする彼女たちだが、このシリーズではペルト、グラス、エイナウディといった現代作曲家たちの作品を取り上げている。これらのアルバムに共通するのは、静けさと安らぎ。そして、本作で奏でられるのは、ポストクラシカルの先駆者、マックス・リヒターの楽曲。時にスリリングな電子音を交えながらも、アルバム全体に広がるのは弦を中心にした平穏な音世界。くつろぎのひとときに。

タイトル 時間

Angèle Dubeau その他の作品