15曲、48分

スタッフメモ

デビューから20年を経てグループとしての結束を新たにした彼らの、約5年ぶりのオリジナルアルバム。歌って踊れるヴォーカルグループとしての自分たちの原点であるダンスポップやR&Bを改めて見つめ直す一方で、リードシングルの"Don't Go Breaking My Heart"を筆頭に、EDMやヒップホップといった新たなサウンドを積極的に取り入れた結果、ダンスチューンのバラエティは過去数作と比較しても群を抜いた一作となった。また、ショーン・メンデスやライアン・テダーがライターとしての参加も話題を呼んだ"Chances"や、シンプルなアコギに5人のユニゾンが艶を与える"No Place"など、ミッドテンポの美しいバラードも健在。本作は全米初登場1位を記録。彼らにとって2000年の「Black & Blue」以来19年ぶりのナンバーワンとなり、復活を印象付けた。

スタッフメモ

デビューから20年を経てグループとしての結束を新たにした彼らの、約5年ぶりのオリジナルアルバム。歌って踊れるヴォーカルグループとしての自分たちの原点であるダンスポップやR&Bを改めて見つめ直す一方で、リードシングルの"Don't Go Breaking My Heart"を筆頭に、EDMやヒップホップといった新たなサウンドを積極的に取り入れた結果、ダンスチューンのバラエティは過去数作と比較しても群を抜いた一作となった。また、ショーン・メンデスやライアン・テダーがライターとしての参加も話題を呼んだ"Chances"や、シンプルなアコギに5人のユニゾンが艶を与える"No Place"など、ミッドテンポの美しいバラードも健在。本作は全米初登場1位を記録。彼らにとって2000年の「Black & Blue」以来19年ぶりのナンバーワンとなり、復活を印象付けた。

タイトル 時間

バックストリート・ボーイズ その他の作品