スタッフメモ 1980年代の幕開けと共に、ショッキングな出で立ちのジャケット写真で新しいイメージを打ち出した通算3作目のアルバム。まるでデモテープのような質感のタイトル曲"Ditry Mind"に代表される、ニューウェーブとエモーショナルなファンクの融合は、この作品以降の音楽的な柱の一つになった。エンジニアリングも含め、ほぼ一人だけですべての楽曲を作り上げる手法はデビュー以来一貫しており、そこから生まれる匂い立つような密室性もまた魅力的。古き良きロックンロールやソウルの味わいを残したナンバーも聴けるが、それらすべてが同じ空気感のサウンドで統一され、独自の世界を生み出している。その後の快進撃の予感に満ちた充実作。

1
4:14
 
2
3:45
 
3
3:42
 
4
2:16
 
5
5:32
 
6
4:45
 
7
1:31
 
8
4:24
 

ミュージックビデオ

  • Uptown
    Uptown
    プリンス
  • Dirty Mind
    Dirty Mind
    プリンス

プリンス その他の作品

おすすめコンテンツ

他のおすすめアルバム