9曲、1時間10分

スタッフメモ

本作は、2018年における最もエキサイティングなピアノ協奏曲の録音作品の一つである。人気の高い若手実力派ピアニストのダニール・トリフォノフと、豊かな感性あふれる指揮者ヤニク・ネゼ=セガンの組み合わせに、歴史あるアメリカのオーケストラ、フィラデルフィア管弦楽団が加わるとなれば、それも当然のことだろう。アルバムのタイトルは、祖国を離れて演奏家として世界を巡り、アメリカに定着したラフマニノフの旅路を暗示しており、壮麗な2つのピアノ協奏曲を聴くことができる。第2番は華麗で限りなくロマンチック、第4番では和声や構成がより複雑となった作風が適切に表現されるなど、充実した演奏が繰り広げられている。間に入るラフマニノフが編曲したバッハでは、トリフォノフの繊細で生き生きとしたピアニズムが堪能できる。

スタッフメモ

本作は、2018年における最もエキサイティングなピアノ協奏曲の録音作品の一つである。人気の高い若手実力派ピアニストのダニール・トリフォノフと、豊かな感性あふれる指揮者ヤニク・ネゼ=セガンの組み合わせに、歴史あるアメリカのオーケストラ、フィラデルフィア管弦楽団が加わるとなれば、それも当然のことだろう。アルバムのタイトルは、祖国を離れて演奏家として世界を巡り、アメリカに定着したラフマニノフの旅路を暗示しており、壮麗な2つのピアノ協奏曲を聴くことができる。第2番は華麗で限りなくロマンチック、第4番では和声や構成がより複雑となった作風が適切に表現されるなど、充実した演奏が繰り広げられている。間に入るラフマニノフが編曲したバッハでは、トリフォノフの繊細で生き生きとしたピアニズムが堪能できる。

タイトル 時間

ダニール・トリフォノフ その他の作品