スタッフメモ 1人のアーティストが、1つの楽曲やアルバムによって開かれる真理の扉に気付いたとき、果たしてどんな潜在力を発揮するのか。そのことを雄弁かつ冷静に証明することになった本作では、作者が自身の抱える能力をも超えてしまう。「Bitches Brew」という神秘は、そのようなものとしてしか語れない。具体的には電気楽器の大幅な導入、ポリリズムの多用などが挙げられるが、それはジャズから逸脱したロックでもファンクでも、あるいはアフリカ音楽を起源とするものでもなく、純粋に"サウンド"としてのあり方を追求した産物である。マイルスはこの歴史的1枚をも通過点とし、次なるサウンドを求めさまよう。

1
20:03
 
2
26:58
 
3
17:32
 
4
4:22
 
1
14:01
 
2
10:56
 
3
13:44
 
4
13:48
 
5
9:38
 
6
13:11
 
1
5:54
 
2
3:35
 
3
12:12
 
4
9:09
 
5
21:08
 
6
21:06
 
1
11:49
 
2
8:24
 
3
18:54
 
4
2:13
 
5
5:52
 

マイルス・デイヴィス その他の作品

おすすめコンテンツ

他のおすすめアルバム