スタッフメモ 2000年代以降、日本のロックシーンを新しく変えてきたストレイテナーが放つ、9thアルバム「Cold Disc」。いわゆる洋楽と呼ばれる音楽を自分達で消化し、『ストレイテナー』という多彩な音楽を生み出し続けている彼等のサウンドは、時に激しく、時に優しく、聴く者に寄り添う。ホリエアツシが綴る、叙情的な歌詞と美しい旋律は今作でも健在だ。イントロのベースラインがアルバムへの期待感を刺激してくれる、オープニングトラックの “原色”、ギターのカッティングが印象的な “Alternative Dancer”、続く “Dark City” ではライブでの盛り上がりを想像させ、”NO ~命の跡に咲いた花〜” を始めとするシングル曲にもなった楽曲を挟みながらエンディングへと向かう、約48分間の音楽の旅。そんな今作を通して感じるのは、落ち着きとは違うストレイテナー流の冷静さ。そんなバンドの姿勢が「Cold Disc」というタイトルにも表れていると言えるだろう。

1
3:48
 
2
3:02
 
3
5:03
 
4
5:04
 
5
3:27
 
6
4:54
 
7
5:08
 
8
3:17
 
9
4:35
 
10
4:18
 
11
4:39
 

ミュージックビデオ

ストレイテナー その他の作品

おすすめコンテンツ