16曲、1時間11分

スタッフメモ

ヒップホップ、ハウス、レア・グルーブなどのムーブメントが一気に巻き起こった1980年代のロンドンで、DJとしてカリスマティックな人気を誇っていた Jazzy B を中心とするソウル・ミュージック・ユニット。デビュー作でありながら「Club Classics」と銘打つ不敵なセンスは、Jazzy B のDJとしての豊富なキャリア、あふれるアイディア、そしてそれらを最新型のサウンドとしてパーフェクトに落とし込んだという自信に裏打ちされているのだろう。名曲ぞろいの収録曲の中でも、“Keep On Movin'”、“Back to Life”、“Jazzie's Groove” の輝きは特別。プロデュースとアレンジでサウンド面の中核を担った Nellee Hooper、リズム・プログラミングを行った屋敷豪太によって生み出されたビートは、後にグラウンド・ビートと呼ばれ、数多くのフォロー・トラックを生み出すことになる。1980年代の終わりにリリースされた、1990年代の幕開けを予感させる名作の1つだ。

スタッフメモ

ヒップホップ、ハウス、レア・グルーブなどのムーブメントが一気に巻き起こった1980年代のロンドンで、DJとしてカリスマティックな人気を誇っていた Jazzy B を中心とするソウル・ミュージック・ユニット。デビュー作でありながら「Club Classics」と銘打つ不敵なセンスは、Jazzy B のDJとしての豊富なキャリア、あふれるアイディア、そしてそれらを最新型のサウンドとしてパーフェクトに落とし込んだという自信に裏打ちされているのだろう。名曲ぞろいの収録曲の中でも、“Keep On Movin'”、“Back to Life”、“Jazzie's Groove” の輝きは特別。プロデュースとアレンジでサウンド面の中核を担った Nellee Hooper、リズム・プログラミングを行った屋敷豪太によって生み出されたビートは、後にグラウンド・ビートと呼ばれ、数多くのフォロー・トラックを生み出すことになる。1980年代の終わりにリリースされた、1990年代の幕開けを予感させる名作の1つだ。

タイトル 時間

ソウル・トゥー・ソウル その他の作品

他のおすすめ