9曲、44分

スタッフメモ

フロントマンIan Curtisの自殺後ほどなくしてリリースされたセカンドアルバム。淡々としたビートに不穏なエレクトロニクスやダブが絡みつくオープニングの"Atrocity Exhibition"から、きらびやかなシンセサイザーとハイコントラストを成すようにCurtisのシニカルな歌声が深い孤絶を浮かび上がらせる"Isolation"などを収録。奇妙なアクセントを持ったリズムパターンやモノトーンのギターサウンドに支えられた静寂のパンクロックが横たわる本作はバンドの最後のオリジナルアルバムとなった。オーディエンスの苦悩を引きつけ、伝説と化したCurtisの歌声、ピーター・サヴィルの美しいジャケットデザインなど、時間を止めてしまうポストパンク孤高の一枚。

スタッフメモ

フロントマンIan Curtisの自殺後ほどなくしてリリースされたセカンドアルバム。淡々としたビートに不穏なエレクトロニクスやダブが絡みつくオープニングの"Atrocity Exhibition"から、きらびやかなシンセサイザーとハイコントラストを成すようにCurtisのシニカルな歌声が深い孤絶を浮かび上がらせる"Isolation"などを収録。奇妙なアクセントを持ったリズムパターンやモノトーンのギターサウンドに支えられた静寂のパンクロックが横たわる本作はバンドの最後のオリジナルアルバムとなった。オーディエンスの苦悩を引きつけ、伝説と化したCurtisの歌声、ピーター・サヴィルの美しいジャケットデザインなど、時間を止めてしまうポストパンク孤高の一枚。

タイトル 時間

ジョイ・ディヴィジョン その他の作品

他のおすすめ