Circus

Ryohu

Circus

客演を迎えず制作した前作アルバムから一転、総勢13組のアーティストとコラボレーションを行ったセカンドアルバム。前作では、これまでを総括するように、クラブとライブハウスを行き来することで育んだ独自の音楽観を作品に投影したのに対し、本作はラッパー、ビートメイカーとしてのスキルを研ぎ澄ませ、ジャンルを超えて集まったゲストと共に、Ryohuの現在、未来を鮮やかに描いている。SuchmosのYONCEを迎えた「One Way feat. YONCE」をはじめ、KANDYTOWNのIO、佐藤千亜妃、Peterparker69のJeter、ズットズレテルズ時代に活動を共にしていたOKAMOTO'Sのオカモトショウをフィーチャーし、5か月連続で発表したシングル曲を軸に、ヒップホップからダンスミュージック、ロック、ポップと、広がり続ける表現世界を多角的に具現化。そして盟友のTENDRE、AAAMYYYと共鳴したセルフプロデュース曲「Magic Mirror feat. AAAMYYY, TENDRE」や、冨田ラボとKANDYTOWNのNeetzが手掛けたトラックで現在の心境をエモーショナルにスピットする「Thank You」など、その楽曲の数々はラップ、トラック両面での目覚ましい進化を映し出している。

1
2
3
4
5
6
7
8
9