19曲、1時間17分

スタッフメモ

『ライオン・キング』は映画史上、最も愛され続けてきた作品の一つ。その名作のリメイクはより壮大なスケールで再考され、ディレクターのJon Favreauが最先端の映像美をCGIで構築しただけでなく、Beyoncéとドナルド・グローヴァー(Childish Gambino)というシーンの最前線を闊歩する代表的なアーティストが起用された。サウンドトラックは、1994年版を担当したハンス・ジマーが再度手掛けながら、名曲"Hakuna Matata"や"Can You Feel the Love Tonight”では、あらたにビリー・アイクナーやセス・ローゲンが参加。しかし、名曲揃いの本作はリスナーのノスタルジーをくすぐるだけではない。オリジナルのサントラで活躍したエルトン・ジョンもカムバック、新曲”Never Too Late"では活気に満ちたパフォーマンスを魅せる。

スタッフメモ

『ライオン・キング』は映画史上、最も愛され続けてきた作品の一つ。その名作のリメイクはより壮大なスケールで再考され、ディレクターのJon Favreauが最先端の映像美をCGIで構築しただけでなく、Beyoncéとドナルド・グローヴァー(Childish Gambino)というシーンの最前線を闊歩する代表的なアーティストが起用された。サウンドトラックは、1994年版を担当したハンス・ジマーが再度手掛けながら、名曲"Hakuna Matata"や"Can You Feel the Love Tonight”では、あらたにビリー・アイクナーやセス・ローゲンが参加。しかし、名曲揃いの本作はリスナーのノスタルジーをくすぐるだけではない。オリジナルのサントラで活躍したエルトン・ジョンもカムバック、新曲”Never Too Late"では活気に満ちたパフォーマンスを魅せる。

タイトル 時間
14