13曲、49分

スタッフメモ

タイトル通り、学校や社会の中で居場所が見つけられず、その窮屈さの中で、不安や怒りや痛み、無力感にがんじがらめになり、衝動に突き動かされる子どもたちの姿を描き出している。分かりきったような励ましや気休めのメッセージはない。ただこれは自分の歌だと聴き手に思わせるような切実さ、それと同時に普遍性と儚さが同居した探究心にあふれたポップさがある。ロック的なアグレッシヴさがあった前作『ツン×デレ』から、シンセポップやニューウェーブの色が強いサウンドを取り入れ、きらびやかでひねりのある音世界を作り出した今回は、神聖かまってちゃんというバンドのブレなさと、進化形がパッケージされたアルバムといえるだろう。このアルバムツアーをもってちばぎん(B/Cho)が脱退することがアナウンスされており、デビュー以来、不動のメンバーで活動をしてきた現体制での最後の作品でもある。

スタッフメモ

タイトル通り、学校や社会の中で居場所が見つけられず、その窮屈さの中で、不安や怒りや痛み、無力感にがんじがらめになり、衝動に突き動かされる子どもたちの姿を描き出している。分かりきったような励ましや気休めのメッセージはない。ただこれは自分の歌だと聴き手に思わせるような切実さ、それと同時に普遍性と儚さが同居した探究心にあふれたポップさがある。ロック的なアグレッシヴさがあった前作『ツン×デレ』から、シンセポップやニューウェーブの色が強いサウンドを取り入れ、きらびやかでひねりのある音世界を作り出した今回は、神聖かまってちゃんというバンドのブレなさと、進化形がパッケージされたアルバムといえるだろう。このアルバムツアーをもってちばぎん(B/Cho)が脱退することがアナウンスされており、デビュー以来、不動のメンバーで活動をしてきた現体制での最後の作品でもある。

タイトル 時間
13

神聖かまってちゃん その他の作品