13曲、1時間2分

スタッフメモ

ニルヴァーナの「Never Mind」に象徴されるグランジ/オルタナティブロックの熱冷めやらない中、第2のニルヴァーナを求める困難なプレッシャーの中で制作されたスマッシング・パンプキンズのセカンドアルバム。前作に続き、プロデューサーとしてButch Vigを起用し、往年のプログレッシブロックもかくやとばかり、果てしのない録音作業の中で完成させた傑作。ドリームポップとヘヴィメタル、両極にある音楽性を同時に感じさせる楽曲のユニークさは、その構築美と相まってバンドの代表作として名高い。リリース時には全米トップ10入りを果たし、ビリー・コーガンの鼻にかかった歌声や、"Today"のような曲に顕著なメロウネスも手伝って、彼らをオルタナティブロックのニューヒーローに仕立てた。

スタッフメモ

ニルヴァーナの「Never Mind」に象徴されるグランジ/オルタナティブロックの熱冷めやらない中、第2のニルヴァーナを求める困難なプレッシャーの中で制作されたスマッシング・パンプキンズのセカンドアルバム。前作に続き、プロデューサーとしてButch Vigを起用し、往年のプログレッシブロックもかくやとばかり、果てしのない録音作業の中で完成させた傑作。ドリームポップとヘヴィメタル、両極にある音楽性を同時に感じさせる楽曲のユニークさは、その構築美と相まってバンドの代表作として名高い。リリース時には全米トップ10入りを果たし、ビリー・コーガンの鼻にかかった歌声や、"Today"のような曲に顕著なメロウネスも手伝って、彼らをオルタナティブロックのニューヒーローに仕立てた。

タイトル 時間

スマッシング・パンプキンズ その他の作品

他のおすすめ