11曲、49分

スタッフメモ

1997年にデビューしたミクスチャー・ロック・バンド、 DRAGON ASH がその存在感を確固たるものにした1998年リリースのセカンド・アルバム。その最大のキッカケは何と言ってもキャリアを代表するクラシック・トラックとなったシングル “陽はまたのぼりくりかえす” の大ヒット。このアルバムから DJ BOTS を新たにメンバーに加えたことで、それまで以上にヒップホップ色を濃くしたバンドのサウンド・ディレクションを象徴するような楽曲で、大ヒットを記録しただけでなく、ヒップホップ的な手法のトラックとラップというボーカル表現を日本のメインストリームのポップ・ミュージック・シーンに広く知らしめたという意味でもその功績は大きい。アルバムとしてはこれまで通りハードコア・パンクやオルタナティブ・ロックをベースにしながら、ブレイクビーツ、エレクトロニカ、ファンク、さらにはジャズやラテン・ミュージックまで貪欲に取り込むハイブリッドで実験的な姿勢は健在。よりメロディアスでメリハリの利いたトラックぞろいで完成度が高いアルバムに仕上がっている。当時 "Under Age's Song" を聴いて、今までのアーティストと違う "自分たちのジェネレーション" を表現していると感じた人は多い。

スタッフメモ

1997年にデビューしたミクスチャー・ロック・バンド、 DRAGON ASH がその存在感を確固たるものにした1998年リリースのセカンド・アルバム。その最大のキッカケは何と言ってもキャリアを代表するクラシック・トラックとなったシングル “陽はまたのぼりくりかえす” の大ヒット。このアルバムから DJ BOTS を新たにメンバーに加えたことで、それまで以上にヒップホップ色を濃くしたバンドのサウンド・ディレクションを象徴するような楽曲で、大ヒットを記録しただけでなく、ヒップホップ的な手法のトラックとラップというボーカル表現を日本のメインストリームのポップ・ミュージック・シーンに広く知らしめたという意味でもその功績は大きい。アルバムとしてはこれまで通りハードコア・パンクやオルタナティブ・ロックをベースにしながら、ブレイクビーツ、エレクトロニカ、ファンク、さらにはジャズやラテン・ミュージックまで貪欲に取り込むハイブリッドで実験的な姿勢は健在。よりメロディアスでメリハリの利いたトラックぞろいで完成度が高いアルバムに仕上がっている。当時 "Under Age's Song" を聴いて、今までのアーティストと違う "自分たちのジェネレーション" を表現していると感じた人は多い。

タイトル 時間

評価とレビュー

4.0/5
66件の評価

66件の評価

Я★R

聴いていて楽しいアルバム

Dragon Ashと言えば、「陽はまたのぼりくりかえす」この曲は外せない!
iTMSにお願い、「Under Age's Song (Album Mix)」のシングルの方も出してもらいなぁ。あっちも好きなんだけど今となってはなかなか店では売ってないから,,,

矢車

大好き!!

Under Age's Song!陽はまたのぼりくりかえす!
名曲です、今十代の人に、昔十代だった人に、全ての人に聞いて欲しい!
ってくらい好いです∨

個人的には
Melancholyも。。

dragonfruit

ひさびさに…

聞きました!!やっぱりD.Aは最高だと思います。高校の頃を思い出しながら、「あの頃はよかったなぁ~」みたいな感じで…個人的には、bonus trackとして入っていた(?)「ICE MAN」が入っていると嬉しかったです。(バイトに行く時、車の中で大音量にして聞いていたので…景気づけに♪)

Dragon Ash その他の作品

他のおすすめ