11曲、41分

スタッフメモ

ボウイの創作意欲がかつてない高まりを見せた1971年にリリースされた通算4作目。アコースティックギターやピアノを中心にしたフォーキーな肌合いと風通しの良さが本作のサウンドの特徴だ。心踊るキャッチーなメロディを持つ"Changes"は、このあと幾度となく変化を繰り返すボウイ自身のテーマ曲となる。シネマティックな魅力をたたえた"Life On Mars?"はフランク・シナトラの"My Way"のパスティーシュとして書かれ、リック・ウェイクマンの美しく格調高いピアノ、ミック・ロンソンによる感動的なオーケストラアレンジが際立つ屈指の名曲となった。さまざまな感情と妄想、ユーモアと非日常性が入り混じった一級品のポップナンバーがバランスよく収まった本作は全英チャート3位を記録し、起死回生の一打となった。

スタッフメモ

ボウイの創作意欲がかつてない高まりを見せた1971年にリリースされた通算4作目。アコースティックギターやピアノを中心にしたフォーキーな肌合いと風通しの良さが本作のサウンドの特徴だ。心踊るキャッチーなメロディを持つ"Changes"は、このあと幾度となく変化を繰り返すボウイ自身のテーマ曲となる。シネマティックな魅力をたたえた"Life On Mars?"はフランク・シナトラの"My Way"のパスティーシュとして書かれ、リック・ウェイクマンの美しく格調高いピアノ、ミック・ロンソンによる感動的なオーケストラアレンジが際立つ屈指の名曲となった。さまざまな感情と妄想、ユーモアと非日常性が入り混じった一級品のポップナンバーがバランスよく収まった本作は全英チャート3位を記録し、起死回生の一打となった。

タイトル 時間

デヴィッド・ボウイ その他の作品

他のおすすめ