10曲、43分

スタッフメモ

生家と教会から抜け出すという17歳の頃の決断を振り返った赤裸々なデビューアルバム「Freudian」をリリースした後、Daniel CaesarはR&Bシーンにおける最も有望な詩人の一人となった。複雑な精神性を抽出して一見シンプルなラブソングに注ぎ込む、その能力が認められたのだ。その後、自分を見失ってしまったという彼は、「すごく落ち込んだ」とApple Musicに語る。「しばらくの間、僕は家から出たくなかった」。その要因として、アーティストとしてのプレッシャーとソーシャルメディア、そして名声による孤独を挙げた。 そんな彼を最終的にクリエイティブな沈滞から引き上げたのは、"生ある者は必ず死あり"という自身にも当てはまる真理の中に安らぎを見出したことだったという。「すべてのものは死ぬし、すべてのものは変わる。僕はそれを受け入れざるを得なかった」と。「失敗をそんなに怖がらないということもね」。

デビュー作に続く経験に基づいたアルバム「CASE STUDY 01」は、より難解で激しく、リスキーな作品といえる。Caeserはその中で、善と悪、生と死、孤独、神といったモチーフに対峙している。「際どいテーマに惹かれるんだ。それが僕のお気に入りだよ」と語る彼は、自身が死や精神性といったテーマに何度も立ち戻っていくことに気づいた。「僕はユダヤ教やカバラや瞑想について、たくさんの本を読んできた。信心深く育てられたから、宗教は僕のOSのようなものだったんだ」と言う彼。「でも、生きるためには宗教から自由になる必要もあった」。 クリエイティブな自信を取り戻した彼は、Pharrell Williams、ブランディー、ジョン・メイヤーら、新作でコラボレートしたい理想のアーティストをリストアップした。「この人たちは僕のヒーローなんだ」と彼は語る。「まさかコラボできるとは思ってもいなかった。実際にその機会が与えられて、"これって本当に現実?"という気がしたよ」。

彼らとのスタジオセッションが、真の芸術的交流のように感じられたことは、さらにうれしい驚きだったようだ。「彼らアーティストは、僕がリスペクトしていた素晴らしさをもちろん持っていたよ」とCaeserは語る。「でも、僕にも彼らが評価してくれる部分があったことに気づいたんだ」。 PharrellはCaesarが影響を受けたゴスペル、R&B、ロック、ソウルをミックスした世界に惹かれ、一方のCaeserはPharrellならではの遊び心を吸収したいと願っていた。「僕はとても真面目なんだ」とCaeser。「彼の音楽には、子どものようなとても楽しい魅力がある」。 同じように、ずっと大好きだったというメイヤーは、Caeserならでの歌詞のまとめ方に興味を持っていた。「彼は僕が話すことや、僕の話し方を気に入ってくれた」 。"SUPERPOSITION"は、そんな2人に共通するロマンチックで美しいメロディ、そして緻密なプロダクションを完璧に融合した楽曲となった。「僕はメイヤーの「Continuum」に合う楽曲を作りたかったんだ」とCaeserは語る。「似ているけど、ギリギリのラインでね」。

スタッフメモ

生家と教会から抜け出すという17歳の頃の決断を振り返った赤裸々なデビューアルバム「Freudian」をリリースした後、Daniel CaesarはR&Bシーンにおける最も有望な詩人の一人となった。複雑な精神性を抽出して一見シンプルなラブソングに注ぎ込む、その能力が認められたのだ。その後、自分を見失ってしまったという彼は、「すごく落ち込んだ」とApple Musicに語る。「しばらくの間、僕は家から出たくなかった」。その要因として、アーティストとしてのプレッシャーとソーシャルメディア、そして名声による孤独を挙げた。 そんな彼を最終的にクリエイティブな沈滞から引き上げたのは、"生ある者は必ず死あり"という自身にも当てはまる真理の中に安らぎを見出したことだったという。「すべてのものは死ぬし、すべてのものは変わる。僕はそれを受け入れざるを得なかった」と。「失敗をそんなに怖がらないということもね」。

デビュー作に続く経験に基づいたアルバム「CASE STUDY 01」は、より難解で激しく、リスキーな作品といえる。Caeserはその中で、善と悪、生と死、孤独、神といったモチーフに対峙している。「際どいテーマに惹かれるんだ。それが僕のお気に入りだよ」と語る彼は、自身が死や精神性といったテーマに何度も立ち戻っていくことに気づいた。「僕はユダヤ教やカバラや瞑想について、たくさんの本を読んできた。信心深く育てられたから、宗教は僕のOSのようなものだったんだ」と言う彼。「でも、生きるためには宗教から自由になる必要もあった」。 クリエイティブな自信を取り戻した彼は、Pharrell Williams、ブランディー、ジョン・メイヤーら、新作でコラボレートしたい理想のアーティストをリストアップした。「この人たちは僕のヒーローなんだ」と彼は語る。「まさかコラボできるとは思ってもいなかった。実際にその機会が与えられて、"これって本当に現実?"という気がしたよ」。

彼らとのスタジオセッションが、真の芸術的交流のように感じられたことは、さらにうれしい驚きだったようだ。「彼らアーティストは、僕がリスペクトしていた素晴らしさをもちろん持っていたよ」とCaeserは語る。「でも、僕にも彼らが評価してくれる部分があったことに気づいたんだ」。 PharrellはCaesarが影響を受けたゴスペル、R&B、ロック、ソウルをミックスした世界に惹かれ、一方のCaeserはPharrellならではの遊び心を吸収したいと願っていた。「僕はとても真面目なんだ」とCaeser。「彼の音楽には、子どものようなとても楽しい魅力がある」。 同じように、ずっと大好きだったというメイヤーは、Caeserならでの歌詞のまとめ方に興味を持っていた。「彼は僕が話すことや、僕の話し方を気に入ってくれた」 。"SUPERPOSITION"は、そんな2人に共通するロマンチックで美しいメロディ、そして緻密なプロダクションを完璧に融合した楽曲となった。「僕はメイヤーの「Continuum」に合う楽曲を作りたかったんだ」とCaeserは語る。「似ているけど、ギリギリのラインでね」。

タイトル 時間

Daniel Caesar その他の作品