13曲、1時間2分

スタッフメモ

本作の大半は、エルトン・ジョンとバーニー・トーピンのコラボレーションで築き上げられた。コンセプトアルバムであり、“Brown Dirt Cowboy(薄汚いカウボーイ)” の役を担うバーニーと、”Captain Fantastic"を演じるエルトンの、キャリア初期にもがき苦しんでいた頃をテーマとしている。独自の自由自在なスタイルを追求し、ミュージックシーンをのし上がっていく様を音楽が反映しているのだ。“Someone Saved My Life Tonight”や“Curtains”などの壮大なバラードと、気取ったハードロックの“(Gotta Get a) Meal Ticket”、フィラデルフィア精神を歌った“Tell Me When the Whistle Blows”など幅広いサウンドが混在するが、バンドのタイトなサポートと天性のメロディックなスタイルでアルバムとして上手くまとめ上げている。リマスターバージョンの本作では、ボーナストラックとして“Philadelphia Freedom”と“Lucy in the Sky With Diamonds”、さらに1975年のオリジナルリリース直前に作られた、ジョン・レノンが作詞を手掛けたB面ナンバー“One Day at a Time”も収録。

スタッフメモ

本作の大半は、エルトン・ジョンとバーニー・トーピンのコラボレーションで築き上げられた。コンセプトアルバムであり、“Brown Dirt Cowboy(薄汚いカウボーイ)” の役を担うバーニーと、”Captain Fantastic"を演じるエルトンの、キャリア初期にもがき苦しんでいた頃をテーマとしている。独自の自由自在なスタイルを追求し、ミュージックシーンをのし上がっていく様を音楽が反映しているのだ。“Someone Saved My Life Tonight”や“Curtains”などの壮大なバラードと、気取ったハードロックの“(Gotta Get a) Meal Ticket”、フィラデルフィア精神を歌った“Tell Me When the Whistle Blows”など幅広いサウンドが混在するが、バンドのタイトなサポートと天性のメロディックなスタイルでアルバムとして上手くまとめ上げている。リマスターバージョンの本作では、ボーナストラックとして“Philadelphia Freedom”と“Lucy in the Sky With Diamonds”、さらに1975年のオリジナルリリース直前に作られた、ジョン・レノンが作詞を手掛けたB面ナンバー“One Day at a Time”も収録。

タイトル 時間

エルトン・ジョン その他の作品