Beauty Behind the Madness

Beauty Behind the Madness

カナダが生んだオルタナR&Bのトップランナー、ザ・ウィークエンドが2015年に発表したセカンドアルバム。トリップホップやベースミュージックを下敷きにしたアンビエントな "The Hill" や、エド・シーランとのコラボレーションでブルースを消化した "Dark Times" のようなダークな曲調の楽曲、"Can’t Feel My Face" のようなポップチューンも収録。これまでの作品以上にバラエティー豊かなブラックミュージックの広がりが感じられる内容となり、初の全米1位を記録した。彼の根底にあるマイケル・ジャクソンへのリスペクトや、クラシックソウルやR&Bからのストレートな影響が反映された作品でもあり、そのサウンドが2010年代のトレンドではなく、新たなポップミュージックの王道のフォーマットとなっていくことを示した一枚でもあった。愛の喪失と痛みに満ちた歌詞も、シアトリカルに構成された本作のシティポップにマッチしている。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17

その他のバージョン