16曲、1時間11分

スタッフメモ

長い活動休止の終わりを、溌剌(はつらつ)とした "アロエ"のオープニングで告げる2015年リリースの通算15作目となるオリジナルアルバム。高らかなホーンセクションに鼓舞される平和賛歌"ピースとハイライト"や、拉致問題をテーマにした"Missing Persons"など、平和と反戦を訴える強いメッセージを独自の言葉遊びに込めながら、桑田佳祐ならではの軽妙洒脱さも失わない。曲想もハードなギターがドライブする先述の"Missing Persons"のような曲から、みずみずしいオーケストレーションが揺らぐ"はっぴいえんど"、サザンオールスターズならではのコーラスの旨味にオートチューンのスパイスを効かせた"東京VICTORY"、演歌の歌心をサザンオールスターズサウンドにバージョンアップさせた"イヤな事だらけの世の中で"やタンゴの"天井棧敷の怪人"など、楽曲の曲想の幅広さは相変わらず。「ネオジャパネスク」をテーマにした前々作アルバム「さくら」に連なるような和の世界観をよりナチュラルに表出した傑作アルバム。デビュー時の勢いと鮮度をキープしていることにも舌を巻く。

スタッフメモ

長い活動休止の終わりを、溌剌(はつらつ)とした "アロエ"のオープニングで告げる2015年リリースの通算15作目となるオリジナルアルバム。高らかなホーンセクションに鼓舞される平和賛歌"ピースとハイライト"や、拉致問題をテーマにした"Missing Persons"など、平和と反戦を訴える強いメッセージを独自の言葉遊びに込めながら、桑田佳祐ならではの軽妙洒脱さも失わない。曲想もハードなギターがドライブする先述の"Missing Persons"のような曲から、みずみずしいオーケストレーションが揺らぐ"はっぴいえんど"、サザンオールスターズならではのコーラスの旨味にオートチューンのスパイスを効かせた"東京VICTORY"、演歌の歌心をサザンオールスターズサウンドにバージョンアップさせた"イヤな事だらけの世の中で"やタンゴの"天井棧敷の怪人"など、楽曲の曲想の幅広さは相変わらず。「ネオジャパネスク」をテーマにした前々作アルバム「さくら」に連なるような和の世界観をよりナチュラルに表出した傑作アルバム。デビュー時の勢いと鮮度をキープしていることにも舌を巻く。

タイトル 時間

評価とレビュー

4.2/5
460件の評価

460件の評価

-sign

はっぴいえんど

全曲「サザン最高!」とはもう正直言えないけど「はっぴいえんど」の曲調の展開を聴いて、まだ桑田さんのメロディーセンスは枯渇してないことに大いなる喜びを感じました。素敵な素晴らしい曲です。

てるてるぱん

サザンの進化が未だに止まらない。

多くの名曲を残してきたサザンだけれど、もしかしたら今度のアルバムほど名曲で彩られるアルバムは無いかもしれない。
そう感じてしまうほど、桑田さんのラジオで先行してかけられたアルバムの新曲が魅力的だった。
かつてのサザンを彷彿させながら、しかし、どこか違うテイストを感じさせる楽曲が多い。どこか懐かしさを感じながらもなぜか新鮮。それがサザンである。
あらためて還暦を迎えようというおじさん、おばさんのバンドが36年目にして更に進化をしていることには脅威を感じる。
思わず若いバンドも頑張れよと言いたくなった。

にーらいおん

サザンが戻ってきた

ちょっと昔のサザンぽさが戻ってきたような
そんな感じの曲で
ほっとするような切なくなるような 聴き心地よい曲ばかり♡
大好きだよ サザン

サザンオールスターズ その他の作品

他のおすすめ