7曲、55分

スタッフメモ

ブルッフの「Scottish Fantasy」は、ハイランド地方の美しい民謡の旋律が用いられた名作として知られているが、作曲した当時ブルッフはまだスコットランドを訪れていなかったという。バイオリン独奏と指揮を務めるジョシュア・ベルは、ドラマチックにそして限りないまでの美しさでこの作品を表現している。輝きと繊細さをたたえた音色で、幻想的なスコットランドの風景が鮮やかに描かれていく。また、2000年にアカデミー室内管弦楽団との最初の録音となった「ヴァイオリン協奏曲第1番」を今回は自身の指揮で録音。ブルッフの2つの作品から、ジョシュア・ベルの音楽家としての著しい成長が切々と伝わってくる。

スタッフメモ

ブルッフの「Scottish Fantasy」は、ハイランド地方の美しい民謡の旋律が用いられた名作として知られているが、作曲した当時ブルッフはまだスコットランドを訪れていなかったという。バイオリン独奏と指揮を務めるジョシュア・ベルは、ドラマチックにそして限りないまでの美しさでこの作品を表現している。輝きと繊細さをたたえた音色で、幻想的なスコットランドの風景が鮮やかに描かれていく。また、2000年にアカデミー室内管弦楽団との最初の録音となった「ヴァイオリン協奏曲第1番」を今回は自身の指揮で録音。ブルッフの2つの作品から、ジョシュア・ベルの音楽家としての著しい成長が切々と伝わってくる。

タイトル 時間

サウンドトラック その他の作品